大学進学を見据え、全国規模で実施 公開学力テスト

個人成績表をWEB上でご確認いただけます 

  

個別相談会について

「個別相談会」では?「個別相談会」では?

子どもが知りたいことと、
保護者が知りたいことは同じですか?

子どもたちがテストを受け、その結果を知る意味は、自分には何ができていて、何が課題なのかを発見することにあります。だからこそ、1問1問の問題の難易度がどのくらいなのかを知ることが重要なのです。どれが正解すべき問題かを知り、結果を踏まえて「間違い直し」をすることで学力は着実に向上していきます。

一方、保護者にとってのテスト結果の活用は、課題を発見することだけにとどまらず「伸びしろ」がどこにあるのかを知ることにもつながります。予約制の「個別相談会」では、今後、学力を向上させるためにはどのようにすればよいのか、どのような声かけをすれば次の成長につながるかなどを、「保護者向けの成績表」をもとにお話させていただきます。

第一志望を大切にします(中3対象)

志望校判定はもちろん、「第一志望」の高校について「合格圏」だった受験生とそれ以外の受験生の得点比較や、前年度の入試結果の情報からの合格の可能性、そして併願校選びのサポートなど様々なデータをもとに、志望校決定のためのアドバイスを行います。

第一志望を大切にします(中3対象)

教科の力と考える力のバランスから
アドバイスします(小1~中2対象)

考える力と各科目の学力を比較した「サマリー」を準備しています。そのバランスをもとに、それぞれの科目のトレーニングが課題なのか、1問1問深く考えることが課題なのかなど、今後の学習の方向性を明らかにします。

教科力と思考力のバランスからアドバイスします(小1?中2対象)

ウチの子は上がっているの?下がっているの?

単なる偏差値の上下ではなく、統計的な処理を加え「偏差値」の振れ幅を確認したり、どのランクに所属している可能性が高いのかを測定する「潜在ランク」を使って成績の推移を表し、現状と今後の学力推移の見通しをお伝えします。

ウチの子は上がっているの?下がっているの?

モチベーション?学習方法?
親は一体どう伝えればいいの?(小5~中2対象)

モチベーションの保ち方や学習の仕方によって、成績は大きく違ってきます。保護者の方がご家庭でアドバイスできるよう、成績表にあるグラフの見方や4つの学習法について説明いたします。

モチベーション?学習方法?親は一体どう伝えればいいの?(小5?中2対象)

amazon Kindle、楽天Koboにて関連書籍「新・ヤル気革命ー子どもたちが変わる7つのスキル」「親子で学ぶ 成績が伸びる4つの学習習慣」も発売中です。

  • 「総合(考える力)テスト」ってどんなテスト?
  • 学習法診断って何?
  • 教科の力を試すテストの上手な活用法
  • 小学生の「英語テスト」ってどんなテスト?
  • Web成績表について
  • 個別相談会について
  • 講評(2017年2月実施分)
  • 成績優秀者インタビュー(2016年11月実施分)

 
※実施会場によって実施時間や内容が異なります。詳しくは都道府県ページをご確認ください。