大学進学を見据え、全国規模で実施 公開学力テスト

個人成績表をWEB上でご確認いただけます 

  

小学生の「英語テスト」ってどんなテスト?

大学進学を見据え、全国のライバルと競い合い高め合う

「特別な英語の勉強をしていないけど
テストを受けて大丈夫?」

小学で学習する英語以外に特別な英語のトレーニングをしていなくても、アルファベットを書くことができれば大丈夫です。
私たちの身近なところに、実は英語はあふれています。

  • 朝起きて、コーヒー(coffee)に
    ミルク(milk)を入れて飲む

  • バス(bus)に乗って
    学校に行く

  • 音楽の時間に
    ピアノ(piano)を弾く

  • 休み時間に
    サッカー(soccer)をする

  • 夕食を食べて
    ベッド(bed)で寝る

このように、あまり意識することなく知らず知らずのうちに英語を使っています。実は普段使われているカタカナ言葉のなかには、かなりの量の英単語があるのです。

公開学力テストの小学生の「英語テスト」は、このような日常にあふれている単語を元にした出題で、学校の英語の授業(外国語活動)で習うあいさつや基本会話が分かっているかを確認します。

「何ができるのか(Can Do)」を問うテスト

英語テストの出題は、「リスニング問題」と「筆記問題」です。

< Can Do チャート >

リスニング問題

  • 1基本的な単語を聞いて理解できる
  • 2基本的な文を聞いて理解できる
  • 3簡単なあいさつや対話を聞いて理解できる

筆記問題

  • 4アルファベットを書くことができる
  • 5基本的な単語を書くことができる
  • 6基本的な単語を読んで理解できる
  • 7基本的な文を読んで理解できる
「5」の単語の出題範囲
  • 6月果物・野菜・食べ物・飲み物
  • 11月動物・家具・食器・文房具
  • 2月仕事・スポーツ・楽器・服装

小学生の場合、外国での生活の長い子、英語塾で数年間勉強している子、まったく経験のない子など、英語学習の経験はさまざまです。中学生では教科書にそった学力測定ができますが、小学生ではそれよりも、それぞれの経験のちがいに応じた英語に対する興味を育てることに配慮したテストにしています。

テストを通して、日々の生活の中でふれる英語に気づく。その感性を養うきっかけをつくりたいと考えています。また、本テストでは、英語学習の状況についてたずねるアンケートも実施し、その結果も成績とあわせて返却します。

  • 「総合(考える力)テスト」ってどんなテスト?
  • 学習法診断って何?
  • 教科の力を試すテストの上手な活用法
  • 小学生の「英語テスト」ってどんなテスト?
  • Web成績表について
  • 個別相談会について
  • 講評(2017年2月実施分)
  • 成績優秀者インタビュー(2016年11月実施分)

 
※実施会場によって実施時間や内容が異なります。詳しくは都道府県ページをご確認ください。